日本の伝統芸能『舞』を体験しよう

地歌舞ワークショップ

地歌舞って?

地歌舞は本来劇場用として発達した舞踊ではなく「座敷」という 比較的近くで鑑賞できる空間で舞われる事を目的にしてきました。いわゆる「気」を感じあえる中で「舞」を共有する・・というものである事から、動きも「歌舞伎舞踊」(いわゆる一般に「日本舞踊」と呼ばれているもの)のように大きく誇張したところはなく、あくまで「人間の自然の動き」を基本にして創られています。

基本姿勢としては「歌舞伎の所作」よりも「能」の動作に近いものといえるでしょう。実際に、能の影響を強く受けながら完成されてきた古典芸能です。地歌がまだ三弦(三味線)が無い室町時代に琵琶の演奏のよって始まったことから、舞もその頃から始まったと考えられます。 *明治以前には「地歌舞」とは言わず、 単に「舞」と呼ばれていました。

ワークショップの流れ (英語対応可能)

1. 浴衣着付体験
初めにお稽古用の浴衣を着て頂きます。浴衣はこちらで用意しており、着付けもお教えしますので
どうぞ手ぶらでお越しください。

2.地歌舞についての説明
講師から、地歌舞についての説明と、ワークショップの流れを説明します。

3.扇子の使い方
扇子を持って舞いますので、まず扇子の使い方を学びましょう。

4.古澤流のお辞儀の仕方
流派によって様々な礼の型がありますが、古澤流は武士の流れを汲んでいますので
独自の礼の仕方を伝授いたします。

5.足の運び方、基本姿勢
女舞と男舞で姿勢も変わってきます。まずは基本姿勢を学びましょう。

6.講師の舞披露、舞の練習
始めに講師が舞います。その後、一緒に練習していきます。
ゆっくりした動きで、一つずつ丁寧にお教えしますので、踊り経験がなくても大丈夫です。

夏の風物詩『盆踊り』を楽しもう

盆踊りワークショップ

今や盆踊りは空前の大ブーム。若い人もどんどん参加してありがとうございます。

盆踊りを習って、夏祭りに出かけましょう。

盆踊りの歴史を学びます

講師によるデモンストレーション

振付を一緒に踊ります。

浴衣着付レッスン付き

地域活性化のための盆踊り企画。地元の歌や民謡に振付なども。

盆踊りをきっかけに、街に人を呼びましょう。インバウンドツアーで盆踊り体験。

あなたの町だけのオリジナルの盆踊りを作ってみませんか?

座ったままでできる腰掛け盆踊り

昔は誰しも盆踊りを踊っていました。ご高齢の方でも車椅子の方でも座ったままで盆踊りを楽しむことができます。曲が流れると皆さん積極的に踊ってくださいます。主に老人ホーム向け。

所要時間:

約90分

体験費用:

¥5,000 / 大人1人
¥3,500/ 子供(6歳~17歳)

人数:

盆踊りワークショップ
各回20名様まで
団体ツアーは別途お問合せください。

地歌舞を見てみたい・呼びたい

初めての地歌舞講座

舞はとてもゆっくりした動きですが、とても深い意味があり、素敵な物語があります。

一つ一つ紐解いて行きながら、物語を見るように地歌舞の世界を堪能しましょう。

地歌舞についての説明、デモンストレーション、解説付き

お座敷宴会やパーティーの余興に

舞と三味線(ご希望により)で出張ステージ致します。お座敷遊び体験も。詳細はお問い合わせください。

伝統芸能を世界に広げたい

日本舞踊や伝統芸の披露、ワークショップ等を開催しています。
海外からのお客様がお楽しみいただけるよう、
英語でのパフォーマンスも行なっています。